人生人生

我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心

突拍子も無い夢

文筆業で身を立てたい。飯を食いたい。生きていきたい。

 

今の仕事も天職に近いが、やはりいつかは。

 

今際の際に立たれた老人にとったアンケートを集計した記事を読んだ。最も多かった意見が『挑戦しなかったこと』だそうだ。本当かどうかはわからないが、僕の胸には響いた。

 

できる範囲で挑戦してきた人生だったが、これからはできていないことにも挑戦するべきだろう。自分のやりたいことのために。

仕事の愚痴

なぜか周りの人より厳しい状況に置かれることの多い人生である。
「てめえの苦労なんてなんぼのもんじゃい!俺なんかさ‥‥」と、のたまう諸兄ら。もちろんもっと頑張っているいる人たちがいるのもわかっている。
事情を全くきかずとも、「おっしゃる通り!」と思わず低頭してしまいそうになるが、それはそれこれはこれ。自分は自分の周りのことしか知りようがないのでどうかご容赦願いたい。

とにかく、周りよりも苦境にさらっと立たされることが多く、枚挙に暇がないけれど、ここ最近は特に顕著であった。
流れとして次の通りでありこのブログで一番描きたかった部分である。

①同時に3個仕事がきた

②上司からは1個は先輩、2個は僕という配分を指示される
(期限は3つとも同時(三日以内に結果だせ!と。正直厳しい‥‥)です。僕の方が慣れているという理由からでしょうね。ここはまだわかる)

③その日、先輩すぐ帰る。僕は残って八割終わらす。「これで間に合いそうだ‥」とまだ思っていた呑気なやつ。

④仕事に新たな追加事項が言い渡されて、先輩の仕事の難度が急激にあがってしまう。(僕の方は影響なし)
上司「僕くん‥悪いんだけど、先輩くんと仕事交代してあげてくれない????」←これが衝撃的でした。どうしてほぼ進捗ゼロの仕事を、自分の分まで渡してやらなきゃいけないの‥?と思いましたが、命令なので対応しました。
その後僕の考えたコンセプトをそのまま提出する先輩。自分の作ったものが社内にさえ自分の名前で出ていかないという悲しさ苦しさ虚しさ‥。
本当に自分は全く大事にされていない駒なんだということを自覚しました。

この話を実際には他の先輩に話した際「よくできた自慢じゃん」と言われました。そんなつもりはさらさらなかったですが、確かに自慢に感じる部分いかにもミサワ的な部分も‥‥。
もう金輪際、この話はしないと決めました。

レビュー:THE BRIDGEのビジネスバッグ

新婚旅行でイタリアに行った際、買ってきたビジネスバックをレビューしました。

 

それがこれTHE BRIDGEのビジネスバッグです。f:id:yojohanscreemer:20170630080320j:image

 ヴェネツィアの少し高級なおみやげ屋さんのようなところでふらっと入って買ってしまいました。

少し光沢のある表面で作りは堅牢‥‥とまではいきませんが割合しっかりしていると思います。f:id:yojohanscreemer:20170702091851j:image

 

中は厚めの仕切りが1つ、ポケット3つ、ファスナー付きポケット1つと充実しており使いやすいです。

まだ使い始めて一ヶ月なので、使っているうちについた汚れや革の乾きが気になってしまい、つい土日毎にケアしまくっております。綺麗にエイジングさせたいというのもあります。

 

しかしながら、ちょっと丁寧に扱い過ぎかなとは自分に思うこともありますがきだと最初だけですかね笑

まだ少し他人行儀‥‥といあと明らかに間違っていますが、使い慣れていないところがあります。

これから自分の生活に馴染んで汚れも気にならなくなってくるほど使い倒して、でもケアは忘れず一生使いつづけたいです。ちなみにお値段ですが、600ユーロほど。今のレートで79000円くらいですかね。

 

まあまあの買い物笑  大事にします。

己のレベルの低さ

職場の仕事のレベルの低さに辟易するが、そこはもはや自分のレベルの低さに言い換えても同じことだろう。つまり自分自身が無能なのだ。しかし幾分か他の人より割りを食っているのだと思う。

 

もっと超長時間働けるようになってたくさんタスクを捌かない限り幸せになれない。早く帰れない。

どういうことか。

結局『自動化ツールづくり』等の作業を組み込んでいかない限り仕事を圧縮できないからだ。かなり多くの計算ツールがあるため時間が必要。オーソライズしなくてはならないし。

というのも、前にも述べたが、依頼を断るという事は絶対にできないからだ。せめて期限を延ばしていくことで1日あたりの業務時間を減らしている状況だった。もうこれしかない。

 

しかし‥最近はもう必要なことでも実現できる能力や体力がない‥。ストレス源を多く抱え込んでしまっている。あまりにも無能だからこの場にいるんだと気付かされる。どうしようもない。

無力感で立ち上がることもできない。寝ることも。今もケータイでベッドの上から書いている。

無能すぎてつらい 

厭世と情熱の間

今日も早く帰ってきてしまった。

 

気分が全く優れない。体調に関してもやや喉が痛い程度で全く問題ない。

原因はわからない。仕事も家庭もうまくやっているつもりだった。間違いや失敗もほとんどない‥と自分では思っている。しかし、その一方であらゆる場面で、どんどんやる気がなくなってきており、会社でもただ立っているのもやっとの時がある。家でも本当に落ち着かず、常に責められているような気持ちになる。

 どうしたらこの状態から抜けられるのか。

性格の悪さ

今までなぜか人に嫌われたり、集団に溶け込めなかったりすることが少ないながら確実にありました。

 

今までは『合わないだけだ』と言い聞かせてきたわけですが、この度ブログを見返してきて大いなる勘違いであったことに気づきました。すなわち、

僕は性格が悪い。

 

気づき

気づきの筆頭は『他人を見下す癖』です。仕事に関して少し覚束ない先輩を他人を見下す癖があります。

仕事はそれ自体はもちろん、仕事への知識の程度や取り組み方を含めても、その人を測る指標にはなり得ないと思っています。

普段の業務との離れ具合、向き不向き等、各人のパーソナルな部分を考慮しても結局とある一面の表れに過ぎません。

 

という考えを持ちながら、私はその一面を持って他人への態度を決めていました。雑な人には雑に。わかっていない人には横柄に。尊敬する人に丁寧に。露骨にではないですが、確実に変わっていたと思います。

 

失ったもの

これで何かを失ったかと言われれば、飲み会の機会くらいだと思っています(誘われなくなった)。

これら社会なので厳しくて当たり前という自分の中の漠然とした常識で正当化している部分もありました。

また当ブログでも師匠として何度か話題に出している、直近の先輩が私に対してだいぶキツめの対応だったわけです。根気よく、腐らずアタックしつづけた結果、すれ違いざまに嫌味や皮肉を言われるようになりました。

その先輩から『態度が変わるのはよくないよ』と一度言われたことがあります。つまり、本当に嫌われていったというわけです。私以外の後輩にはとある得意な技術を教えているのがその証明でしょう。‥‥結局とある技術の学びの場を失ってますね。これは非常に残念だ。非常に残念ですが‥師匠の『大学の後輩のみ溺愛する』するという性質があったので、結局聞けなかったかもしれないと思って開き直るしかないですね。

 

今後

今後最も生産的なのは『より深く他人を理解し、いいところを見つけて尊敬するようにする』と言ったところでしょうか。

つまり、表面的、一面的なな部分に寄って判断していることをやめるよう心持ちから変えていくわけです。

‥‥結果『仕事は微妙だけどいい人だ‥』と結局見下す可能性もなくはないことが我が子とながら恐ろしいですが、少しずつ変えていくしかありません。

より良い人生のために自分自身を変えていきます。

合理的な落とし処あるいは運命

仕事は潜水に似ている。息を止めて、できる限り心拍数をあげないように泳ぐ。深く潜れると楽しい。潜りすぎると死ぬ。

 

今日は〇〇活動なるもののリーダーに任命されました。〇〇活動とは『通常の業務できないような業務をメンバーでやる』と言ったもので、活動内容は自分たちで選ぶことができました。例として書庫の整理をしたり業務フローの整理表の作成など簡単なものが多いです(他部署からそれなりの批判は伴うが忙しくてこれぐらいしかできない)。

 

しかし今回から課長がテーマを決め、それを皆でやることとなった。なるほどテーマを選ぶ手間が省けたぞと思って書類を開くと‥‥

何とテーマはここ最近、私がやっている業務の内容そのものでした。

恐らく課長としては『普段の業務内容から選んでやったぞ』という業務の増加を防ぐ優しい心でやってくださったと思うのですが、その一方で『一ヶ月に一回部長の前で報告しなければならない』といった重めのルールが課せられています。

 

またこの活動に限って言えば、私以外に進めようがないということもありってかなりの負担感、不公平感を感じます。

 

もちろん他の人に任せてもいいんですが、何から何まで指示して何から何までお世話するのは正直しんどい‥。

とにかく自律的にやってもらうということはほぼ不可能な状態です。とにかくリーダー以外は真剣味がなく参加しない、やらない。

 

そしてやはり気になったのは‥せっかく一人でやっても成果が分散する点です。我慢し難い。先にも書いたがどうせ皆何もしない。しかしこうなった以上はグループの活動して発表するしかないのだ。

また自分の業務が『通常業務でない』と明言されてしまったようで、何とも悲しい。